株式会社オーカワ
ところてん製造

ところてん製造技術


ところてん「心太」


ところてんは、沿岸で採れる天草を煮込み、その煮汁を型に入れて冷やし、固めたものを突き出した食べ物です。その大部分は、食物繊維から出来ております。


その歴史は古く奈良時代以前より製造されていました。


上質の天草を使用することで、飴色がかった艶のある緑色で、弾力があってコシがありみずみずしさと磯の香りが楽しめます。


また、ところてんの太さをタレのりがよい太さに保つことで原料のよさを最大限に引き出しております。


オーカワのところてんは選びぬいた天草にこだわり、その天草をドラム式洗浄し、圧力釜で炊き揚げたシンプルな昔ながらの製法を用いて理想的なところてんの製造をおこなっております。



当サイトに掲載されている文章・写真・画像などを無断で転載、引用または複製することは法律で禁じられています。